● 多肉植物の土
多肉植物に適した土の条件は、

①排水性が良いこと・・・水分量が多いと根腐れしやすい。夏場は、夜に水を与え翌朝には水が蒸発して適度な湿り気が残るくらいにしましょう。

②熱を貯めない・・・夏の高温気には熱がこもらないような熱伝達が良く通気性に優れていることが大切となります。

● 置き場所
できるだけ長時間陽の当る場所で、管理しましょう。日照不足になると間のびしたり、葉の色が悪くなります。また、夏場に高温多湿状態が続くと株の状態が悪くなります。雨の当らない軒下などで管理してください。

品種によりますが、夏場30℃以上の猛暑が続く場合は、葉焼けする場合がありますので、朝だけ日が当る場所に移動させるか、遮光してください。

冬の管理は、霜に当てないように注意しましょう。一般的な多肉植物は、霜に当ると凍って枯れてしまいます。霜が降りる季節になったら、日当たりの良い軒下に移すか、夜だけ室内にとりこみましょう。

● 水やり
多肉植物は、体に蓄えた水分で生きることができます。下葉がしおれてきたら水やりのサインです。鉢底から溢れるくらいたっぷりと与えましょう。過度な水やりは徒長や根腐れの原因になりますので注意してください。

基本的には、春秋は成長期ですので、乾いたらたっぷりと与えます。目安としては夏場は月2回ぐらい夜に与えます。冬場も月2回程度、午前中に与えてください。

★★★ 多肉植物のふやし方 ★★★

● 挿木
カットした苗で増やします。切り口が乾くまで、2~3日明るい日陰で乾かしてから、乾いた土に植えます。約2週間、発根するまでは水は与えません。

● 葉挿し
葉一枚から株を育てます。葉を土の上に置いておくだけで葉の付け根から芽が出てきます。
時間はかかりますが、一度にたくさんの株を育てることができます。

● 実生
種をまいて苗を育てます。
異なる品種を交配すれば、オリジナルの品種を作り出すことも可能です。



吉坂包装株式会社 ドリームクラフト|ページトップへ

HOME多肉植物多肉植物苗の出荷状況ネルソルマグプランツ弊社製品総合カタログ各種イベント会社概要お問い合わせ
吉坂包装株式会社 〒513-0816 三重県鈴鹿市鈴鹿ハイツ35-17 TEL 059-382-7962 / FAX 059-382-7971  Yoshizaka Packing Co.,Ltd. All Rights Reserved.